アーカイブ

‘映画’ カテゴリーのアーカイブ

1921年のSF映画「アエリータ・火星の女王」

2018 年 3 月 15 日 Comments off

1920年代を中心として、1910年代-1930年代に興味があります。

ってなことは日頃から結構アチコチで言っていますが。

第一次世界大戦、第二次世界大戦の間、「大戦間時代」に人々が、
何をどう誤ってファシズムへの道へ突き進んでしまったのか。

そこに興味があるからです。

そんなこともあってこの映画、「アエリータ」を観てみました。

 

■「アエリータ」ってどんな映画?

ソヴィエトで作られた映画「アエリータ・火星の女王」は、
1921年に撮影され、1924年に公開されました。

地球と火星を舞台にしたSF映画です。

 

1920年代のSF映画と言えば、有無を言わさずフリッツ・ラングの
「メトロポリス」と言われてしまうのですが。

でも、別にあの映画は突然、降ってわいたように生まれた、
突然変異的傑作、なのではなく、その前後にSF映画というものは
イロイロ登場していたわけです。

 

映画は当時の相当センセーショナルな娯楽でした。

以前、1910年代に制作されたゲイ映画「Different from the Others」を
紹介したときにも書きましたが、当時の映画というのは、総合娯楽です。

総合娯楽、というのもそうですし、ニュースを観るなら映画、
講演会(当時かなり流行っていました)を観るなら映画、
どこかに出掛けるなら映画、という感じ。

テレビとかない時代なので、映像に刺激されるワクワク感は相当なものでした。

そうなると当然、視覚的に刺激的なSFとかも制作されるようになるわけです。

他にも当時は、「科学技術の進歩」とか「未来」とかが
とても意識されていた時代だった、ということもあります。

 

この映画「アエリータ」は、SFでもあり、当時の映画にも見られた
教訓譚、教育的な内容の映画、でもあります。

ソヴィエトがプロパガンダの手段のひとつ、
として制作したものでもありますので。

今ならお説教臭い、と思ってしまう感じも結構……w

 

■「アエリータ」のあらすじと意味合い

1921年に火星の研究に没頭していた主人公ロスのもとに、
電波のメッセージが届く。

「アンタ・オデリ・ウタ」。

これが火星からのメッセージだと言うことになり、
ロスはますます火星の虜に……。

ロスの想像の中で、火星は貴族社会を構成していて、
女王アエリータと実際の権力者であるその夫がいる。

一方ロスは様々なトラブルに巻き込まれ、
設計していたロケットに乗り込み一路火星へ。
火星でロスは女王アエリータと対面し、ロスに恋したアエリータは
夫を亡き者にせんと革命を実行。

しかし権力を手にいれたアエリータは、
今度は自らが権力者として君臨することを決めてしまい……。

 

 

正直ストーリーは紆余曲折している感じがないでもないので、
まあ、大雑把に言えばこんな感じ。

貴族社会の火星に革命を、というのは、
ロシア王朝を倒したソヴィエトの姿。
そう考えると内容の様々な要素は、
まさに啓蒙的、教育的。

 

当時は結構ヒットした映画らしいです。
けれども結局は、ソヴィエト政権にとって
煩わしい作品になってしまい、
冷戦後まで日の目を見ることがない状態に
させられてしまった映画だそうです。

 

時の移り変わりの何と切ないことよ。

 

でも映画の中のセットや衣装のアートデコな感じは、とても未来的。

SFならではのアイリス構造のような扉が登場するのもなかなか斬新です。

 

戦前のSF映画ってどんなのがあるの?とか
ちょっと変わった昔の映画が観たい、という人にお勧めかもです。

 

 

 

映画「アエリータ・火星の女王」
https://en.wikipedia.org/wiki/Aelita

 

 

カテゴリー: 映画 タグ:

映画「ブラザーサンシスタームーン」とゲイとしての監督ゼフィレッリ

2018 年 3 月 12 日 Comments off

タイトル:「ブラザーサンシスタームーン」
監督:フランコ・ゼフィレッリ
公開:1972年
時間:135分

聖フランチェスコ、いわゆるアッシジのフランチェスコのことが知りたくて、何かパパっと目を通せる資料はないものか、と思って観た映画です。

聖フランチェスコの生涯、と言うか、半生……よりもっと手前の段階までが描かれております。

 

 

聖フランチェスコのことばかりが頭にあったので、その他のことは全然知らないままに視聴しました。

監督は、1969年公開された映画「ロミオとジュリエット」のフランコ・ゼフィレッリ。

映画ロミジュリと言えば、バズ・ラーマン版が自分的にはセンセーショナルだったのだけど、1969年の作品と言えばあの音楽の旋律が……。

♪ちゃ~ら~らら~、ちゃ~ら~らら~、ちゃら~らら~♪、です(何のこっちゃ(笑))。

 

他には、映画の中に登場するカラフルな色彩を観て、思わず、映画「夢のチョコレート工場」を思い出しました。

ロアルド・ダールの小説、「チャーリーとチョコレート工場の秘密」の映画版です。1971年の。

「夢のチョコレート工場」は、ジーン・ワイルダーがウィリー・ウォンカを演じてるのが印象的な映画ですな(蛇足だけど、映画「夢のチョコレート工場」を子どもの頃に観て以来、ジーン・ワイルダーを見ると今でもウィリー・ウォンカとしか思えず……。ついつい「この人は怖い人だ!」と思って身構えちゃう……wwww)。

で。

こちらの映画、「ブラザーサンシスタームーン」は1972年公開。

このカラフルな色味は1970年代の特徴なのかしら……と思わず考えてしまった。

 

とりあえず聖フランチェスコに何があって、托鉢修道会が結成されたのか、という経緯などはこの映画を観て、何となく理解できた……ような。うーん。

厳格な考証に基づいた歴史劇、というよりは、本当に雰囲気的にふんわりとイロイロ描かれている青春映画なので、ホントに何となく、でした(自分には)。

でも、ファンチェスコを演じた俳優ギリアム・フォークナーが、ある意味非常に印象的。

何と言えばいいのか。

どこか恍惚とした感が漂う、どこか霞がかかった感じがある、どこか視線が宙を漂っているような雰囲気があって、不思議な人だなあと。

調べてみると(正しい情報かどうかは分からないのですが)、ギリアム・フォークナーはこの映画で抜擢された後は、特に目立った映画には出演せず、出演したとしてもマイナーな役での登場、という感じになり、1984年以降は役者を辞め、家族を支えるために普通の仕事に就いている、ようではあります。

ときどき、役者さんたちの中には、まさにこの役を演じるために生まれた人、というのがいて、その役以外はこれと言って目立たなくなってしまう人がいますが、フォークナーも、もしかしたらそうなのかも、とか勝手に考えてみたり。

 

さらに。

監督のフランコ・ゼフィレッリはゲイであることをオープンにしている人とのこと。

https://web.archive.org/web/20070814115944/http://www.glbtq.com/arts/zeffirelli_f.html

ただし、彼はカソリック教徒としての信条も持っているために、ゲイであることや、LGBTに対する立場というのが、非常に矛盾した発言をしていて、批判の対象ともなっている人物のようです。

うーん。

一体どんな発言をしているのだろうか。

そこまで調べるのも面倒だしなーと思ってちょっと放置(気が滅入るのよ)。

でも同じくイタリア出身の某有名ブランドの方達(ゲイ)も同性婚について、かなり、え~~~~~~?なコトをヘイキのヘイザで放言していたりする。

憶測でしかないけど、宗教的なこともあって、イタリアというところはその辺がイロイロ難しいのかもしれない。

2016年にイタリアで行われた調査によると、存命しているレオナルド・ダ・ビンチの子孫のひとり、ということらしい(ダ・ビンチには子どもがいないので、直系の子孫というわけではないのだろうけど)。

ダ・ビンチにはサライという愛人がいたからやっぱりこーゆーことは遺伝なのね!的な話もあるのかもだけど、そんなの全然関係ないからw

 

 

ちなみに法王はアレック・ギネス!

自分にとってはアレック・ギネスと言うとオビ・ワン!ヾ(≧▽≦)ノ

法王のローブが思わずジェダイの騎士のローブに見えてしまったのはナイショです……w

フランチェスコのお父ちゃん役にリー・ローソンなのだけれど……このときのリー・ローソン、日本の役者さんの誰かを彷彿とさせる……。

誰だろう……。

 

 

とりあえず!

1970年代頃の映画ってどんな感じかな?と思う人にはお勧めの映画かもです。

 

 

追記:全然関係ないのだけど、劇中の衣装、12世紀頃のイタリアの衣装をイメージしたものだけど、どこか漫画、某「風の谷」の中の衣装を彷彿とさせる気が……。何となくあれ?っと思ったり(*´∀`*)。気のせいかなー?????

追記2:聖フランチェスコのことをもっとドラマとして観るのなら、1989年の映画「フランチェスコ」もいいのかも……(まだ観てないですが)。ミッキー・ロークにヘレナ・ボナム・カーター!あらまあ!機会があったら観てみたいと思うです。

追記3:もともと大島弓子先生の漫画で「ブラザーサンシスタームーン」のタイトルだけは知っていたんですが、何故かオトナじゃないと観ちゃいけない映画だと、長い長い間思い込んでしまっていました(笑)。何故だろう……(笑)。公開当時はそういう方向でセンセーショナルだったのかしら……。

カテゴリー: 映画 タグ:

映画「EX MACHINA」観たです

2016 年 6 月 24 日 Comments off

映画「EX MACHINA」を観たです。

いや、去年から観たいとは思ってたんですが、DVD購入も何となく手が出ず。

で、先日視聴に至りました。

 

人工知能AIが人間かどうかをテストするチューリングテストを軸にした物語。

今現在上映中なので詳しい話とかは置いておいて。

検索とかネット通販とかの際に出てくる、「オススメ」情報。ユーザーの検索などのアルゴリズムから、「このユーザーはどういったものを好む傾向にあるのか」みたいのを導き出す。こうした情報がどんどんどんどん蓄積されている現在、この蓄積される「人間の趣味嗜好」の情報は最終的に一体どこにつながるのだろうか、という話。

ちょっと背筋が寒くなる感じ。

 

2014年にはすでにチューリングテストを実際にパスする人工知能が出てきてるわけですしね。

チューリングテストに「13歳」の人工知能が合格。
http://wired.jp/2014/06/11/eugene-the-supercomputer/

さらにはこれはドタバタで終わったけれど、Googleが色々学習してゆくチャットボット「Tay」を公開したり。

Microsoft chatbot is taught to swear on Twitter
http://www.bbc.com/news/technology-35890188

あるいは会話をベースにしたインターフェースを某通販サイトで導入した、カスタマーサービスを人工知能に任せられるように開発中などなど、色々そういう話は耳にします。極端な話、じゃあ技術的特異点、シンギュラリティの問題とか、ホントはどうなのどうなの?????みたいなこととか。

 

まあ、この辺の諸々の興味もあって、この映画「EX MACHINA」を観たわけです。

 

 

その辺は別として、役者さんってすごいんだなあと思いました。

ネイサンの「自分が上の立場に立った上で、相手にフレンドリーに距離を縮めることを迫りながら、実は相手のことを相当見下してて、というよりも、そもそも自分以外の人間がこの世に存在してなくて、自分以外の人間が何であろうと、どうであろうと気にもとめない」傍若無人ぶりをみていると、ああ、ホントにこういう人いるよね、的な。感情の上下も含めてすべて、常にそこにあるのは「自分」だけなのね。他人、というのもが存在しない世界。あるいはケイレブの普段のちょっとやぼったい感じと、ネイサンの感情を害さないようにドキドキする感じ、そして感情が高ぶって何かを決断して以降の豹変する顔つきとか(ホントに別人に見える。ある意味、ワイルドでカッコイイ感じにすら見えるぐらい豹変)。

きっと別の役をやったら、彼らは全然別人になってしまうんでしょうねえ。

やっぱりすごいなあ。

 

 

【宣伝!】
オンラインショップ「BOOTH」では、同人誌や漫画のデジタル販売をしています。
是非ご利用ください♪

最近作
CMB_01_shoukai_S CMB_02_shoukai_S
「チャンバラLOVE」ダウンロード販売 BOOTHにて取扱中
ある日、聖龍院道場から家宝の刀が盗まれた。それを取り戻すべく、やんちゃな聖龍院道場次期当主・獅子王丸と、お世話係(?)の常陸坊海尊は東京にやって来た……!※旧作品ですのでサンプルをご確認の上お買い求めください。

cover
同人誌新刊「DADDIES GARDEN-SAKURA-」BOOTHにて通販中
おじさん同士のラブとロマンスと下半身事情をテーマに、菅嶋さとる先生と一緒に描いている同人誌DADDIES GARDENの第五弾です。今回のテーマは桜。素敵な二編をどうぞ宜しくお願いしますですー!

shomonai01_shoukai_s
新作漫画「しょーもないおっちゃん」BOOTHにて配信中!
下町のしょーもないおっちゃんを描きたくて描きたくて描きましたw 下町のしょーもないおっちゃん・板金工の岩井のおっちゃんが、友達にそそのかされて、通販でHがグッズを通販しての大騒動。下町のおっさんの下半身、ナメたらあかんでえ~~~~!

takuhaibin_shoukai

「宅配業務がんばります!」(同時収録「妄想カレシ」)
宅配業務を頑張るノンケ若パパ。配達が遅れてしまってアブナイ人達にからまれることに。あれやこれやと脅され、ついには人生初の男経験!奥さんも子どももいるのに、どうするつもりだ!?
憧れの野球のヒーローが突然現れて、妄想世界であれやこれやをやってくれる「妄想カレシ」も同時収録しました。

■既刊誌のお知らせ

オンラインショップ「BOOTH・市川劇版社」はこちら!

nonnke_shoukai switch_shoukai2 haru_no_mizore_shokai2

d4_cover HYOUSHIkd HYOUSHI

 

また、「ハンクチャンネル」では、市川和秀の漫画の携帯配信もしています。
携帯で気軽に漫画♪ こちらもどうぞ宜しくお願い致します。

■ハンクチャンネルの市川和秀の漫画の携帯配信はこちらから

※ハンクチャンネルを携帯から見られない方はこちらから!

 

■市川和秀作品は他にも、「デジケット」、「DLサイト」、「HUNKチャンネル」にて取り扱っていただいています。こちらも宜しくお願いしますー!(デジタル販売ページをご覧くださいませ♪)

カテゴリー: 映画, 雑記 タグ: